年間フェイバリ⊿20 [20211228] 今年尤も聴いた、痺れた、涙した。そんな名曲溢れる坂道楽曲の頂点やいかに!!って俺の坂道フェイバリットソング誰が興味あんねーん。2021年間フェイバリベスト20発表! 312⊿

フェイバリ10⊿

年間フェイバリ⊿20

20211228

「毎週お送りする意味ねー自己満ランキング発表です」

意味ねーランキング 2021年年間フェイバリ20発表

こんにちは。

おっけぃおっけぃです(・_・)

暮れの元気なごあいさつ。
しかも誰も興味のないランキングを垂れ流す。
まさに個人ブログの真骨頂。

へいへい(´・ω・`)

自己満足の極みでもある、年間チャート発表の日が今年もやってまいりました。

ぱちぱち~ぱちぱち~

ゾゾゾ(´・ω・`)

この1年、オイラが聴きまくった、胸に沁みた坂道楽曲はいかに!?

2021年1月3日投稿から今年も毎週お届けした自己満ランキングフェイバリ10の順位からポイントを算出。
例年通り採点方法は1位10点、2位9点……10位1点と設定して集計。

ここで昨年の1位をご紹介。

2020年年間フェイバリ第1位 得点(426点)
僕のこと、知ってる? /乃木坂46 (24th C/W いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46 主題歌)

2019年リリースの24枚目シングル「夜明けまで強がらなくてもいい」のカップリングですが、ドキュメンタリー映画の主題歌でもあり、「乃木坂46」の当時の現在地を示してくれたこの楽曲は、コロナ禍でシングルリリースの少なかった昨年、1年通して聴いた楽曲のひとつ。
個人的なプレイリストだからこそ、こうした楽曲が年間1位に輝くのも、このフェイバリの醍醐味。

自分で言う(´・ω・`)

さぁ、この乃木オタすら誰も関心のない個人的坂道縛りランキングで2021年年間1位に輝いたのはどの楽曲か。
今年もやっぱり一人で盛り上がってまいりました。

さ、お待たせいたしました。
早速まいりましょう。
まずは20位から16位まで~

いきますよぉ~

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20
カウントーーーーーダウン!!!!

第20位 得点(29点)
僕がいる場所 /乃木坂46 (1stAL透明な色 :10th選抜 C・生田絵梨花)

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20

第19位 得点(36点)
逃げ水 /乃木坂46(18th選抜:C・大園桃子・与田祐希)

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20

第18位 得点(62点)
流れ弾 /櫻坂46 (3rdSG :C・田村保乃)

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20

第16位 得点(70点)
命は美しい /乃木坂46 (11th選抜:C・西野七瀬)

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20

第16位 得点(70点)
最後のTight Hug /乃木坂46 (BEST AL「Time flies」リード曲:C・生田絵梨花)

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20

⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿

はい!ここまで20位から16位でした!
20位の「僕がいる場所」や「逃げ水」など、やはり卒業に絡んでランクインを重ねた楽曲も多かったですね。
16位の「最後のTight Hug」はまさに象徴的で先月の発表からずっと1位を続けておりこの順位に食い込んできました。

同点16位となったのは「命は美しい」昨年こそ年間20位ランクに入りませんでしたが、それまではずっとランク入りしていた定番でもあり、
今年のライブでも節目で聴くことが出来て大きく数字を伸ばしました。やっぱり良いものは良い。

そんな中、乃木坂にどうしても偏りがちなランキングでしっかり18位にランクインした櫻坂の「流れ弾」はセンターほのすをはじめ、流石櫻だと思える躍動感溢れるナンバーで、やはりここでもランクインしました。

あ、あらためて毎年言ってますが、この点数は先ほど集計取るまでどの曲がどれだけ数字を出してるのか全く分かりません。
それにこの集計出すのって、結構毎年楽しみでもあるんですよね。
でも、こうして記事にするのがまた大変な作業なので毎年ちょっと気が重いんですけどね。

んなこと言うな(´・ω・`)

というわけで、坂道グループはこうしてランクインする可能性はあります。
え?吉本坂??なんですかそれ美味しいんですか??

4年連続弄るのよしなさい(´・ω・`)

さぁみなさんついてこれてますかー!
毎年こうして自己中にギアを入れてまっせ幕張メッセ!!!

さぁ!お待たせしましたランキングに戻りましょう
今度は15位から11位まで~

いきますよぉ~

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20
カウントダウン!!

第15位 得点(74点)
ありがちな恋愛 /乃木坂46(4thAL リードトラック)
ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20
第14位 得点(75点)
I see… /乃木坂46 (25th C/W 4期生楽曲:C・賀喜遥香)

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20

第13位 得点(76点)
羽根の記憶 /乃木坂46 (12th選抜:C・生駒里奈)

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20

第12位 得点(86点)
ってか /日向坂46 (6thSG:C金村美玖)

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20

第11位 得点(99点)

世界中の隣人よ /乃木坂46

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20

⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿

はーいはい!はいはいはいはい!

ウリャ!ハイ!ウリャ!ハイ!

ウリャはいらねぇ谷津かっつーの(´・ω・`)

・・・・
いや、まぁね、コロナで声だしが出来なくなってほぼ2年になりますので、今年はかろうじて1度全ツの現場に行けただけに、なおさらコールの無いライブを体感すると、この手のコールが懐かしく感じるよね。

ぶっちゃけ「俺の嫁齋藤飛鳥すわぁぁぁぁん」すら、声だし解禁になる日が待ち遠しく感じるくらいですわ。「あぁ、乃木のライブに来たなぁ」っていう、ライブ直前の高揚感を引き出すいわば風物詩みたいなもんだからねぇ。

あ、でも、ライブ中のMIXとかガチ恋口上とか、楽曲の邪魔になるのは今後も要らんけど。

よしなさい(´・ω・`)

おっと、ランキングに戻りまして。

まず15位は「ありがち」ですね。昨年4位から大きくランクを落としましたけど、全ツで聴けたのは嬉しかったですねー。
そして14位も着実に得点をあげていた「I See」。こちらも昨年2位からランクダウンではありますが、今年はライブや歌番組でも、4期生楽曲の代表として度々耳に出来ましたし、何よりこの楽曲がある種「乃木坂らしさ」が定着していた多くの曲の中に、新しい風を吹き込んでくれたことはまぎれもない事実です。

13位には先日のいくちゃん卒コンでも感動的だった「羽根の記憶」。ホントによくぞこの楽曲を当時書いてくれたものだと、いつ聴いてもしみじみするんだよね。この先も節目でこの楽曲に想いを馳せることでしょう。

12位には櫻に続いて日向もランクインしました。いや、「ってか」は凄くお気に入りですね。もちろん他にも日向で好きな曲は沢山ありますけど、この楽曲を初めて聴いたときは「おおおっ」と唸りました。

そして、11位に「隣人」ですね。なかなか披露する機会も減りましたので昨年の3位から順位を落としましたが、それでもこの楽曲によって何らかの社会的貢献に繋がったことにかわりはありません。

さて、ついにランキングもトップ10に。
今年はものの見事に100点超えの楽曲がトップ10入りとなっております。
ここからは昨年同様ジャケ写も併せて楽曲に想いを馳せてください。
お待たせしました。
いよいよ10位から7位まで~

いきますよぉ~

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20
カウントダウン!!

第10位 得点(119点)
Sing Out! /乃木坂46(23rd選抜:C・齋藤飛鳥)

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20

第9位 得点(123点)
きっかけ / 乃木坂46 (2ndAL 14th選抜)

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20

第8位 得点(141点)
僕は僕を好きになる /乃木坂46 (26th選抜:C・山下美月)

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20

第7位 得点(153点)
君に叱られた /乃木坂46 (28th選抜:C・賀喜遥香)

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20

⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿

はいっ!

10位は「Sing Out!」昨年より2ランクアップしてトップ10返り咲きです。今でもこの楽曲の歌詞は、コロナ禍だからこそ大きな意味があると思っているんですよね。
結局ね、乃木坂には代表曲が無いって言われてますけど、シンクロやインフル以上に乃木坂と言えばこの曲と呼ばれてもいいくらいの楽曲だと思うんですよね。うーん、良いタイアップでもう一押しあれば一昨年大ヒット出来たと思います。
まぁ、ライブでクラップ出来るのは楽しいからそれでいいけど。

そしてそんな乃木坂といえばに遅ればせながら世間に認知される可能性を存分に秘めている楽曲が9位の「きっかけ」。
楽曲発表からもう5年経って、今年さくちゃんの「THE FIRST TAKE」もあり、さらにいよいよ31日の紅白でいくちゃん最後のステージとして歌唱披露。これが文字通り認知の「きっかけ」となって欲しいものです。

8位には今年リリースの3シングルの一つがランクインしました。そうです、何気に僕僕は今年リリースなんですよね。テレビでは昨年末からあちこちで披露されていたので、もう昨年の曲に聞こえてしまいますが。

さらに、7位にこちらも今年リリースされた「君叱」がランクイン。「I See」の路線を表題でも受け継いだこの楽曲は多くのメンバーの笑顔を届けてくれる叱られてるのにほっこりとする一曲となりました。

さぁ!もう残すところあと6曲です!!
すでに前年の2位から4位は登場済み。しかも今年リリースの表題3曲のうち2曲もすでにランク確定しています。
毎年のフェイバリ定番曲がランクインか、今年生まれた新曲か、過去楽曲の下剋上か!

そろそろ準備はいいですね!

トップ3の前に6位から4位まで!
いきますよ~

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20
カウントダウン!!

第6位 得点(167点)
ひと夏の長さより・・・ /乃木坂46 (18th選抜メンバー C・秋元真夏・松村沙友理)

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20

第5位 得点(217点)
やさしさとは / 乃木坂46(7thC/W:C・橋本奈々未)

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20

第4位 得点(230点)
ごめんねFingers crossed /乃木坂46 (27th選抜メンバー C・遠藤さくら)

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20

⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿

はいっ!
6位には「ひと夏」が昨年16位から大きく順位を伸ばしてきました!これでこの年間フェイバリを始めた2017年から5年間連続トップ20入りとなります。やはり今年、まつの卒業という事もありましたが、全ツ企画での人気投票でも1位を獲得と、カップリング曲でも良い曲はこうして評価されるのが乃木坂らしくもありますし、そんな楽曲のWセンターがまなっちゃんだという事も推しとして嬉しい限りなのです。

そして5位にもこのフェイバリの常連でもあり、年間フェイバリでは2017年の2位から、2位、4位、6位、そして今年は5位と、実に5年連続のトップ10入りとなってます「やさしさとは」。
まつの卒コンではいくちゃんと。桃子卒業セレモニーでは2018年の全ツで飛鳥とデュエットした思い出の楽曲として。そして記憶に新しいいくちゃん卒コンでのソロ歌唱と、今年この楽曲にスポットが当たることも多かった事もこの順位の表れかもしれません。
特にまつの卒コンで「歌い続ける」と言ってくれたオリジナルメンバーの最後の一人となっていたいくちゃんも卒業となってしまいます。
ただ、この曲を気に入っている後輩も多くいますので、これからもきっと歌い継いでくれることでしょう。

そして4位には今年の表題最後の1曲がランクインしました!今年のレコ大優秀作品賞受賞曲でもありますね。
毎年レコ大のパフォーマンスは素晴らしい仕上がりを魅せてくれる乃木坂ちゃんです。

今年の大賞。。。正直今年ホントわからないよね。
一昨年の「パプリカ」は話題はあったけど前年のリリース曲だったし個人的には「Sing Out」でもいいじゃないかと思ってたんですけどね。V3は与えてくれなかったね。
もっとも昨年の「炎」は十分納得でした。それでも「隣人」のパフォーマンスは素晴らしかったです。

さぁ、そんな脱線話はさておきまして。
いよいよお待たせいたしました。
究極の自己満足年間ランキング。
トップ3の発表です!!!!

心の準備はいいですね。
ではいきますよーーーーー!!!
トップ3の結果発表ーーーーーーーー!!!!!
カウントーーーーーーーーー

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20
ダウン!!!

第3位 得点(251点)
日常 / 乃木坂46(22nd アンダーメンバー:C・北野日奈子)

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20

第2位 得点(289点)
僕のこと、知ってる? /乃木坂46 (24th C/W いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46 主題歌)

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20

第1位得点(303点)
設定温度 /乃木坂46 (3rdAL 全員楽曲)

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20

⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿⊿

ということで、2021年の年間フェイバリ20、
堂々の第一位は「設定温度」に輝きました!
まさに乃木坂46という、グループにおける人と人の距離感を表してくれているこの曲が、しっかりと真理を突いてくれているなぁと、今年再認識した楽曲でもありますし、9thバスラ前夜祭でも敢えてこの曲を全員で披露した意味においても、乃木坂が期別という枠以上に大切な心の絆を歌った楽曲です。

「設定温度」について改めて考察した記事を以前書いてますのでよろしければそちらもお読みください。

フェイバリ⊿10 [20210411] 今更ながら乃木坂46の全員楽曲「設定温度」についての考察を記事にしてみた 274⊿
フェイバリ⊿10 20210411 「毎週お送りする意味ねー自己満ランキング発表です」 第1位前週(1) 設定温度 / 乃木坂46 (3rdAL 全員楽曲) 第2位前週(2) 僕のこと、知ってる? /乃木坂46 (...

2位には昨年の首位から1ランクダウンしたものの、「設定温度」と並びこれも個人的には外せない乃木坂楽曲のひとつとなっています。「僕のこと、知ってる?」が堂々ランクインです。

そして、これは自分でも驚きました。
この年間フェイバリでもトップ3入りは初めてのアンダー楽曲。そして未だにこのイントロでぞわっと鳥肌が立つ楽曲。「日常」が前年18位から大幅に順位をあげての3位!やっぱりね、きいちゃんのあの情熱のこもったパフォーマンスを毎度魅せつけられて、心揺さぶられないわけがないって事ですよ。

ということで年間フェイバリ以上のようなランキングとなりました。
今年は圧倒的な得点を伸ばす楽曲は無かったものの、やはり1年通して確実に聴いてきた楽曲が上位に残ったなぁという印象ですね。
さぁ来年はどんな名曲がランクインするのでしょうか。
いやぁ音楽ってほんっとにいいもんですね。

それではこのへんで
さいなら 

さいなら

さいなら

ゆにめいと2021年間フェイバリ⊿20

 2021年間フェイバリ⊿20  終 

コメント

タイトルとURLをコピーしました