フェイバリ⊿10 [20210718] 真夏の全国ツアー2021開幕!参戦した大阪城ホールDAY2の感想などなど 288⊿

フェイバリ10⊿

フェイバリ⊿10

20210718

「毎週お送りする意味ねー自己満ランキング発表です」

第1位前週(1)
ごめんねFingers crossed /乃木坂46 (27th選抜メンバー C・遠藤さくら)

第2位前週(2)
ひと夏の長さより・・・ /乃木坂46 (18th選抜メンバー C・秋元真夏・松村沙友理)

第3位前週(-)
Sing Out! /乃木坂46 (23rd選抜メンバー:C・齋藤飛鳥)

第4位前週(8)
日常 /乃木坂46 (22nd アンダーメンバー:C・北野日奈子)
第5位前週(3)
やさしさとは /乃木坂46 (7th選抜:C・橋本奈々未)
第6位前週(5)
僕のこと、知ってる? /乃木坂46 (24th C/W いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46 主題歌)
第7位前週(4)
設定温度 / 乃木坂46 (3rdAL 全員楽曲)
第8位前週(7)
逃げ水 /乃木坂46(18th選抜メンバー:C・大園桃子・与田祐希)
第9位前週(5)
羽根の記憶 / 乃木坂46 (12th選抜メンバー:C・生駒里奈)
第10位前週(-)
I see… / 乃木坂46 (25th C/W 4期生メンバー)

今週のブログ


これから今年の全ツ初日のライブだというのにまさかの……

意味ねーランキング「ごめんねFingers crossed」V11

こんにちは。

おっけぃおっけぃです(・_・)

意味ねー自己満足ランキング。
今週もやってまいりました。

それではいってみましょう。
今週の坂道関係ない1枚。


雲行きが怪しくなり、ふと雨雲レーダーがこんなことになってたら私はいつも

「でっかい『かさぶた』が来るわ」

と言ってる。この気持ちわかりますかねぇ??

はよ本題にいけ(´・ω・`)

ということで、

いよいよ乃木坂46真夏の全国ツアー2021が開幕しましたー!!!

私は大阪公演DAY2、大阪城ホールに行ってまいりました!


ということで早速その熱量が冷めぬうちにレポしたいと思います。

と、その前に初日の話を少し。

仕事を早めに切り上げ、物販の引き取りに向かいました。
注文の時点では一般販売前だったので、
初日のチケットも確保できた時のために、敢えて引き換え日を初日で選択していたんですね。

が。

午後2時からの引き換えに向かう環状線の車窓から見えたのは
とんでもないゲリラ豪雨に見舞われた大阪の街。
※ちなみにその時の雨雲レーダーがさっきのやーつ

雷がドンピシャ、
大粒の雨がどどどどど。

まじかと、いやいや、確かに前日までずっと天気予報で「突然の雷雨に注意」って予報だったけど、
ほんと全然降らなかったんですよ。
なのに、この日乃木坂が大阪にやってきた途端に……これって。。。

やっぱね、これはね、
雨の乃木坂。
持ってるなと。

ということで小一時間ばかり近くのツインで上島珈琲を嗜みながら雨宿り。
あ、そうそう、「上島珈琲に行こうか?」という所を私は、「竜ちゃんしばきにいこか」と言います。

しらんがな(´・ω・`)

雨がようやく止んだ頃に物販再開。
当然雨によって引き換え済んでない人も多くて流石に待機列が出来たのですが、
それもかなりスムーズに流れていきました。

そう、やっぱり4年前の城ホールより明らかに人少なかったです。
これは多分人数制限かけたゆえの事もあるでしょうし、
コロナ禍なのでむやみにトレードとか音漏れとかだけ目当てでくる人がほとんど居ない事もあってなのでしょうね。

でもさ、この数年はフルメンのライブだとドームクラスが当たり前の箱でやってきたわけですから、
そんな大会場で大勢の人間が群がるお祭りの雰囲気が当たり前になってた自分にとって、
あと2時間くらいで本番だというのにホントに人が少ないこの光景は。。。

なんて快適なんだ。

よしなさい(´・ω・`)

なんなら今後もこれくらいでいい。

やめなさい(´・ω・`)

というわけで、さっさと引き換えを終えて、
のぼりだけ撮影してその場は退散。


翌日に備えました。

うん、初日だけにこんなにアレコレ書いてたら、これは今週も長文コース間違いなしやな。
ライブレポは書いてるうちに「あ、あれも、あ、これも」って思い出しながらノープランで書いてるから、
ま、許してください。
なので、「あれ?今週の記事あっさりやな」って時はノープランのために書くことが思い浮かばなかったとご理解ください。

で、お待たせしました。DAY2のレポです。

すでにこの日の為にドット絵まなったんうちわやアクキーを作っておいたので、
準備万端で大阪城ホールに向かいます。

実は、自宅から城ホールまでそんなに遠くないので、
この会場ほんと助かるのよね。
余裕をかましながらこの日も前日に続き、このブログでもたまに話題にするみり愛、かずみん推しのリア友と合流、
まずは生写真を縁起物で買い、竜ちゃん(上島珈琲)でお互いの引きの強さを自慢しあいながら時間つぶし。
※今回は10枚でまなっちゃん1枚きたので引きよかった

そして、開場30分くらい前になったのでホールに向かい並んでると再び雨が。
ただ、この日も前日と同様の雷雲が大阪に迫って来てたのですが、
運よく城ホール付近をかすめて遠のいてくれました。

コロナ対策のためアプリの確認、手荷物金属検査、本人確認など、
工程は増えてるけど案外スムーズに入場できました。
これも人数制限のなせる業か。

今回の座席はスタンド席でした。
メインステージとは反対側の関係者席の真横です。
なのでライブの空間全体を観るには絶好の場所。

ただ、今回のステージ構成がメインとバクステを繋ぐセンター通路のみ。
前回の城ホールではあったトロッコ通路もありませんでした。
なのでこれは流石にレス貰うのは難しいなぁと感じつつ。

でもね、1年半ぶりの現場。
ほんと、この日がやっと来たんだって感覚でした。
声は出せないけど、ライブの雰囲気ってやっぱり配信では味わえない物がありますよね。

影ナレ、せいらの関西風先輩いじりコントを経て、
ついに「Over ture」が鳴り響く。
あー、この時は流石にあれだね、会場のボルテージが一気に跳ねあがる大歓声とコールが聴けないのは、
少し残念なところではありますが、いやいや、贅沢言えません。

で、本編はもうあれこれありすぎて記憶を引っ張り出すの大変なので、
ちょっと印象に残ってる所だけかいつまんで。

衣装については全ツ衣装は2着。
初日公演でネットニュースに流れた白の衣装を冒頭から着用。
終盤に赤をアクセントにした別の新衣装も披露してくれました。

最新シングルからはごめんね、コンパス、そしてざぶんざざぶん。
ざぶんは聴けて嬉しかったですねー。
衣装もMVのセーラー服を着てましたよ。
てか、あのモニターを使った演出はなんだこれとその時は笑ってしまいましたが、
いやはやその2日後に、「空に浮かぶ巨大な人の顔」が世間の話題になるとは。
よもやよもやだ。

やめなさい(´・ω・`)

セトリについては今回の目玉だった投票による選曲のおかげで、
とにかく聴きたい楽曲を沢山聴けました。
ひと夏、日常、SingOut、スカダイ、ありがち、ハダサマ、I See、サヨナラ、Against、アナスターシャ、ダンケ等々、
この他にも夏曲が多かったので、より夏のツアーを実感出来るセトリでした。

で、アンコールで「ハダサマ」だったのですが、
ここでメンバーがセンター通路で自由行動。
もう必至でまなっちゃんの姿を追いかけながら、やっとこっち側を見てくれたので
ここぞとうちわでアピッた結果。なんとか指差しもらえましたー。

まなっちゃんからは「スタンドの上の方のうちわも見えた」と前日のストーリーで言ってたので
その言葉を信じて粘った甲斐がありました。
ただ、スタンドの方を見て歩いてると反対からやってきたいくちゃんとぶつかってしまい、
そのままいくちゃんにバクステに連れていかれましたw
公式Twitterの動画といい、この2人ほんとわちゃわちゃして楽しい。

で、最後の締めはもちろん乃木坂の詩。
ここんところ意外とこれで締めるライブが久しくなっていたので、
そういう意味でも改めて、乃木坂のライブの最後に、
左胸にペンラを押し当て、目を閉じて「ありがとう」とメンバーに感謝を伝えられるこの楽曲の有難さを感じましたね。

いや、ほんと今回のライブ、時間が経つのがめっちゃくちゃ早く感じた。
えっ?もう2時間半もやったの??ってくらい早かったなぁ。。。

ということで、最高の夏の始まりはあっという間に終わっちゃいましたが、
この楽しさをまた9月の東京ドームで締めくくれる事を願って。
今は東京のコロナが落ち着くことを祈るしかないですね。

初日のネットニュースの日刊さんの写真。
この全ツ衣装と別に、後半に着用する新衣装もよかったですよ。

ということで全ツレポでした。

今日は宮城でDAY2。
昨日の音楽の日は現地からの中継もありましたね。

牛タン券をゲットして沢山食べて、最高のライブを今日も魅せてくれることでしょう。

さて、

先週日曜日のW-KEYAKI FES.も配信で鑑賞しましたのでその感想も簡単に。


Over tureが欅では無かったですが、
それでもキャプ同士が揃ってMCをして、
最後には「W-KEYAKIZAKAの詩」を櫻と日向が一緒に披露できたことに大きな意味があったと感じます。

オイラはそこまで日向も櫻も衣装や楽曲は知っててもライブを毎回必ず観てきてるわけではないので、
かなり新鮮に感じながらそのパフォーマンスを楽しませてもらったのですが、
日向はライブの回しがほんとうまい。
会場の雰囲気を一気に自分たちに持っていくパワーがあるよね。
おひさまへの煽り方ももちろんながら、キャッチーな楽曲がそれに輪をかけて観てる者を楽しくさせる。
ハッピーオーラ。
その真の意味がやっと分かった気がしました。

一方の櫻は、これはね、改名と同時に3人センター制にして仕切り直した事が好転したと思います。
欅の頃のカッコよさとはまた違う、美しさを纏ったクールなカッコよさを存分に発揮してくれてました。

観終わってなんか、全然ベクトルが違う2グループを1度のライブで観れるなんて、
これぞフェスの醍醐味だよなぁと思いましたよ。
このライブは双方にとっても大成功だったと思います。

そして。

まつ、乃木坂最後の日。

写真集発売記念SHOWROOMでしたが、
遅い時間から始まったことでお別れの場の要素が強いものになったけど、
最後までみんなに笑顔を届けてくれました。

乃木坂最後の衣装を自身がお気に入りのひとつである20thシンクロ制服での配信ってのも感慨深かったなぁ。

まつの明るさは、乃木中でもライブでも絶妙なアクセントになってファンを和ませてくれました。
きっとこれからもふとした時に「こんなときまちゅが居たらこんな事言うかな」とか、
そう思い出させてくれる存在だと思ってます。

乃木中での1期生大縄跳び46回成功。


これからもずっと記憶に残るであろうシーンでした。

卒業までにクリア出来て本当に良かった。
けん玉も縄跳びも、まつが盛り上げてくれましたよね。
やっぱり、そんなかけがえないメンバーの一人だと実感がより濃くなった。

ご卒業おめでとうございます。
これからの道も、しあわせに包まれるように。

今週のまなったん

先週、そして今日と、卒アルラジオは録音放送。
まなっちゃんを作った7曲という事でしたね。
初めて観に行ったモー娘。のライブで自分がスタンドから観た光景。
自分がステージ側の立場になった今、その時の想いが根幹にあって、
スタンドの上の方のファンにもちゃんと届けようとしてるっていう話はグッときました。

また、エピソードの端々で家族、特にお母さんの支えが感じられましたね。
海外出張ドッキリはともかく、この家族だったからこそ、これらの音楽を通してまなっちゃんが作られたんだろうなと思いました。

で、全ツ期間中も沢山インスタ、モバメを送ってくれてます。
たこ焼きもめちゃくちゃ食べれて。
多分昨日今日は乃木坂の宮城と言えば牛タンですからね。
きっとライブで汗をかいた分、沢山補給していることでしょう。

それにしても。

ライブの前に「看板」が落ちるなんて……

で、そんな不吉なシーンからの……

「そんなことより私たちを観て」

のこの展開。
プロ魂を感じましたw

いくちゃん、ほんま真夏のことすきやなぁw

 フェイバリ⊿10  終 

コメント

タイトルとURLをコピーしました